×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

さぁベタをお迎えしよう!

水槽の準備が整ったら、ベタをお迎えしましょう!
最初は、丈夫で飼い易いトラベタがオススメ。

トラベタ
メリット
・わりとどこでも売っている
・安い
・ショーベタよりもかなり安い
・色も豊富(これはショーもですネ)
・ヒレのケガも比較的少なめ
デメリット
・状態の悪い子が多く売られている
・雑種も多い


♂ベタの選び方
前提条件は、単独飼育されていること。
・ヒレがくっついていない。
・お腹が異常に膨らんでいない
・ウロコが立っていない
・目がでっぱって白く濁っていない
・ヒレがボロボロじゃない
(ちょっと裂けてるくらいなら許そう!)
・常にゆっくりと優雅に泳いでいる。エラヒレはパタパタと動いてかわゆいやつ(・ω・)みんなかわゆいです
・じっといしていたり、ものすごい早さで動きまくっているのはちょっと危ないです
・目は白目(?)と瞳の区別がハッキリしてるものが良い。でも好みによる
・背骨がでっぱってない物
・発色がはっきりしている物

以上がバッチリ大丈夫なら、店員さんに聞く事
・エサは何をあげているか(最初はそのエサもまぜてあげるとすんなり上げたいエサに慣れてくれる)
・いつ入荷したのか。できればいつ生まれたのか
・他の水槽で病気がでていないか(でていたら、薬浴が必要なので薬を水にまぜてくださいっておねだりしなさい)
で、確認すること
ベタが入っている水槽の水温。水温計ついてるはずなので。
ビンに入って売ってるのは夏くらいなので、夏はとくに気にしない方向で。(冬場にビンで売ってたら水温聞いてみて、低すぎたらクレームだしていいです。動物虐待ダ!)

♀ベタの選び方
メスは複数飼育されている物のほうが良いです。
多少ヒレがぼろぼろでもキレイに復活します。
・おなかが若干ぷっくりとして、体全体がしずく型になっている子
・ヒレ全体が短めの子
・白目(?)と瞳の区別がつく子
・病気っぽくない子
(ここは♂の選び方参考に)
・お腹の下(胸鰭の間あたり)に白いポッチが確認できる(確認できないときは水槽からだして見せてもらう)
・オスより小さい子
・繁殖させるときは、オスと同じ種類の子
(ショーダブル×ミックスダブルでもアリっちゃありだけど、里子にだすときはミックスダブルとして出してくださいね)
確認することはオスと一緒。
できれば2,3匹買って帰って一緒に泳がせて上げてください。
メス同士の混泳は、あとあと繁殖させるならばさせておくべき。観賞用でも3匹いるとかわゆい。(でも水槽は大きめで!)
番外
メスとして買ったのに、どうやらオスだぞっていうのは良くあります。でもかわいがってあげてね。
その場合はメスと一緒にしとかないこと。いつのまにか抱っこしてタマゴうませちゃったら勿体無いから。